家

ローンに頭を悩ませる必要なし|賃貸併用住宅で莫大な利益を得よう

住宅の探し方

インテリア

富田林市で戸建て住宅を建てたいときには、信頼できる住宅メーカーに依頼してください。まずは気軽に住宅メーカーに問い合わせてみてください。ラインや費用についてなど、率直な意見を聞いてみることで、どのような家を建てることができるのかをしっかりとイメージすることができます。

詳細

打ち合わせと図面のコツ

説明

静岡などで注文住宅を成功させるには住宅会社だけに任せず自分でも知識を増やして、よく話し合いながら進めることです。図面に関してもデザインや雰囲気だけでなく、家族の数年後から数十年後を考えて図面に反映させていくことが大切です。そうすることで長い間満足度の高い生活が送れます。

詳細

住んで気持ちの良い家

間取り

注文住宅で建てたいと言う方が増え、設計事務所やハウスメーカーは様々な提案をしてきます。お互いにより良い家を建てたいと思っているからなのですが、全て自分の思う通りには出来ない部分も有りますので、自分の意見を押し通さずに打ち合わせを何度も重ねて住み心地の良い間取りとなるようにしましょう。

詳細

自宅を収益物件にする

一戸建て

マイホームの一部を賃貸に

マイホームを持つことは多くの人にとって人生の大きな目標の1つですが、その実現は決して簡単なことではありません。その原因は言うまでもなく経済的なもので、高額な住宅取得費を捻出するにはそれなりの財力が必要となります。特に終身雇用制が有名無実化した現代においては、万が一離職等があっても住宅ローンの支払いを続けられる手段を確保できるよう気をつけておく必要があります。そんな中、最近特に注目を集めているマイホームのスタイルがあります。それが賃貸併用住宅です。賃貸併用住宅とは、所有者の自宅に賃貸住宅が併設されている家屋のことをいいます。形式はさまざまですが、一般的なのは2〜3階建てで下方階が自宅、上方階が賃貸アパートというものです。中には本格的なマンションタイプのものもあります。

ローンの組み方が楽になる

賃貸併用住宅のメリットは、何と言っても家賃収入が得られることです。つまりマイホームの実現がそのまま不動産投資の手段にもなるわけです。しかも同じ建物として建てるので、自宅と賃貸物件を別個に取得するよりも費用を節約することができます。また、賃貸住宅は立地条件の良いものほど高収益が期待できることから、自宅の利便性と収益物件としての優位性を同時に追求できるというメリットもあります。賃貸併用住宅は比較的高齢のオーナーに人気があります。というのも通常の住宅であれば定年退職による収入減を前提としてローンを組む必要がありますが、賃貸併用住宅なら家賃収入を加味することでより余裕のある資金計画が立てられるようになるからです。もちろん家賃収入を計算に入れられることは、手元資金が不十分な若年層にとっても有利です。ローンに頭を悩ませる必要なしとも言えるでしょう。